アコムのキャッシングとクレジットカード審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、融資スピードなどの特徴を解説。

セゾンファンデックス「ローン百選」 アコム口コミ・評判による審査について

アコムは、アルバイト/派遣/パートの方が借入れ可能なキャッシング。ACマスターカードのクレジットカードもあり。アコムの審査なら最速30分で,今日借りられる!年4.7%〜18.0%と低金利。MAX500万円まで借入可。


アコムのキャッシングとクレジットカード審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、融資スピードなどの特徴を解説。

アコムカードローンとクレジットカードの審査に通るための3つのポイントを解説。

アコムの審査CHECK 今までに支払を延滞してしまっている人は絶望的

アコムの審査CHECK 6ヶ月以内にいくつものカードローン業者に申込み審査に落ちにくくする申込み方とは?

アコムの審査CHECK キャッシング、始めの申込書の書き方が審査では大事!

アコムの審査CHECK アコムキャッシング・クレジットカードの詳細情報

アコムの審査CHECK アコム(株)の会社概要

 

今までに支払を延滞してしまっている人は絶望的

アコムローンカード&ACマスターカード これからお金を借りようとする人の中には、過去別のカードローン会社からお金を借りていた、あるいは今も使っている、という人もいるかと思います。

過去や現在の分の返済を、延滞してしまった経験はありませんか?
もしも返済を怠ってしまっていたのなら、確実に審査に影響します。

アコムの申込をすると、審査のために信用情報をカードローン会社は確認します。
これは各会社がそれぞれ整理しているものではなく、金融業界全体で共有されているものとなります。

もし、別のカードローン会社で支払いの遅延を起こした場合は、どうなるのか?気になるところです
融資を返さなければいけない日をたまたま失念していた、口座自動引落しにしていたが、口座のお金が不足していた、などといろいろな原因があるのでしょうが、カードローン会社にとって遅延の事実は違いありません。
すぐに対処して返済したのであれば、カードローン会社側だけに事故の記録が記入されるだけで済みます。

しかし、だいたい2ヵ月程度1円も入金しないで放置すると、信用情報に「このお客さまは支払いを遅延している」という事故経歴が載ってしまうのです。
これがいわゆる「ブラックリスト」入りです。

このような事故情報は、遅れてしまった分を完済してから最長5年の経過がなければ抹消ない項目です。
なので、その間は別のカードローン会社の審査はほとんどが却下されると見て間違いないかと思います。

一旦信用情報に傷がついてしまうと、デメリットなことばかりです。
よって、延滞はなにがなんでも起こさないようにしましょうね。

 

 

6ヶ月以内にいくつものカードローン業者に申込み審査に落ちにくくする申込み方とは?

 「何が何でも…キャッシングをしたい!」からと、1社目がダメだったら2社目3社目という風に段階を追って3社以上のキャッシング会社にまばらに申し込んでしまう方がかなりいらっしゃいます。

 ですが、これは、この記事で学んだら|今後は二度と行ってはいけない行為です。

 なぜなら、キャッシング会社は申込者のあなた自身の信用情報(別名、クレジットヒストリー)を基本情報として審査をするからです。

 その信用情報はキャッシング会社内でお互いに共有して使われていて、あなたがいつ、どこの会社に申込したのか、の履歴も残っているのです。

 アコムの審査の際に信用情報を請求して、アコムに行く前に2〜3社以上他社への申込みの履歴がわかったら、アコム側はどう審査するでしょうか?
「この人は2〜3社以上の会社をハシゴしたいほどお金に困っており、他の審査落ちして、自社に来たんだな。」
と判断されてしまうので、審査段階で受け付けてもらえない可能性が大いに高くなってしまいます。

 とはいっても、最近ではウェブから申し込めるキャッシング会社がかなりのウェイトを占めています。
インターネットをうまく利用すれば、いくつも申込を行っても審査に通るようにできます。

 ズバリ、「同じ日に2〜3社の同時申込を行う」という手法になります。
どうして3社までなのかと言えば、キャッシング会社で審査基準は変わるものの、一般のスコアリングシステムでは「信用情報に残っている申込履歴が情報請求した1〜2社ぐらいだと、大きく審査には響かない」と言われているからです。

 個人信用情報をキャッシング会社が参照した時「他社に申込をしている」という履歴がわからない、{また「1〜2社しか連続で申し込んでいない」、と思われれば問題ないのです。

 ですから、「どうしても融資を受けたい!」場合は、「アコムカードローン・アコムACマスターカード・プロミスカードローン」、といった商品で同時に申込をしてみるのもオススメです。
さらに、個人信用情報に残る申込の履歴は3ヵ月でキレイになります。

 よって、立て続けに申し込みたい場合、は少なくとも3ヵ月の間を置くようにしてくださいね。

 

 

キャッシング、始めの申込書の書き方が審査では大事!

 近年ではネットや携帯・スマートフォンからの申込が増加しています。
手軽に申込が行えるからこそ、注意してほしいことがあるのです。それは、申込書の記入漏れや誤字脱字です。

 もちろん記入の後にしっかり確認をするのは鉄則ですが、それでもパソコンやスマートフォンの画面上で確認するのと、実際に手書きで書いた記入用紙を見るでは、圧倒的に前者のほうが間違いを見つけにくいのです。
ですから、電話番号が間違っていたり、住所が1文字抜けてしまっている、といった誤字脱字に気付かないまま申込をしてしまう危険性があるのです。

 嘘をつくつもりはこれっぽっちもなかったのに、電話番号が間違っていたせいでカードローンが使えなくなってしまった……となってしまっては意味がありません。
ですから、申込をするときには埋めた審査項目を隅から隅まで見直して、誤字脱字がないようにチェックを確実にしてください。

 そして、設置された項目に空欄が多いのも審査に影響するのです。
カードローン会社は、信用情報と申込書を基にして審査を行いますが、裏を返せばたったそれだけの情報しか見えない状態で審査を行わなければなりません。

 よって、申込書に空欄が多いと、「信頼できるほどの情報がない」となり正確な判断が出来ず、結果的にお金を貸すことが困難になるのです。

 上記の二つのことには、大きなマイナスポイントとなってしまうもう一つの要素があります。それは「ルーズな人なのではないか?」とカードローン会社に見られてしまうことです。
あまりに誤字脱字ばかりだと、申込書の最終確認すらもしないいいかげんな性格である、と見られてしまい、「お金に関しても期日までにしっかり返してくれないのではないか?」と疑いの目を向けられてしまいます。

 「申込書の確認」という常識的なことがちゃんとできているからこそ、「{この人にはお金を貸しても大丈夫|お金を貸しても返ってくるだろう|お金を貸」と信頼してもらうことができ、キャッシングを使うことができるのです。
ですから、「たかが申込」と侮って、適当に行わないようにしましょう。

 

 

アコムキャッシング・クレジットカードの詳細情報

アコムローンカード&ACマスターカード●ローン名
『アコムカードローン』(キャッシング)
『アコムACマスターカード』(ショッピング)

●登録番号
関東財務局長(11)第00022号
日本貸金業協会会員 第000002号

●利用可能な対象者
年齢 満20歳以上〜満65歳未満で、毎月安定かつ継続した収入が入ってくる返済能力がある方
 ※学生や主婦バイトやパートで毎月定期的な収入が入ってくる方は申し込むことができます。

●利用限度額
◎キャッシング
1万円〜500万円

◎ショッピング
1万円〜300万円


●借入年率
◎キャッシング
@1万円〜30万円
A30万円超〜100万円未満
年4.70%〜18.00%

B100万円〜500万円
年4.70%〜15.00%

 ※実質年率は変動金利です。適用金利は金融状況等により都度変動します。

◎ショッピング
年10.0%〜14.6%


●賠償額の元本に対する割合(遅延損害金)
年20.00%


●返済額

借り入れ限度額の2.0%〜4.2%以上


●返済方式
定率リボルビング方式
 ※借り入れがあった時の融資残高に応じて、決まった金額を返済する方式。

●返済期日
35日以内または毎月払い


●返済期間と返済回数

最後の借入日から
最長6年9ヵ月と80回まで


●担保・連帯保証人
担保・連帯保証人は不要です。


●所定紛争解決機関
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター


●返済シミュレーション
元金:10万円、融資利率:18.0%、約定支払日:1ヶ月周期設定、融資残高の支払割合:10.0%の場合

 


回数 返済金 元金 利息
1 10,000円 8,521円 1,479円
2 10,000円 8,647円 1,353円
3 10,000円 8,775円 1,225円
4 10,000円 8,905円 1,095円
5 10,000円 9,037円 963円
6 10,000円 9,170円 830円
7 10,000円 9,306円 694円
8 10,000円 9,444円 556円
9 10,000円 9,583円 417円
10 10,000円 9,725円 275円
11 9,018円 8,887円 131円

 

アコムカードローン&ACマスターカードTOP

 

 

アコム株式会社の概要

平成26年4月1日現在

商号 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
主な事業内容 ローン事業・包括信用購入あっせん事業(クレジットカード事業)・信用保証事業
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
03-5533-0811(代表)
創業年月日 昭和11年(1936年)4月2日
設立年月日 昭和53年(1978年)10月23日
資本金 638億3,252万円
決算期 3月31日(年1回)
従業員数 1,748名(平成26年3月31日現在)
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00022号
包括信用購入あっせん業者登録番号 関東(包)第5号
加盟団体 日本貸金業協会
社団法人 日本クレジット協会
社団法人 日本経済団体連合会
主要取引金融機関 三菱UFJ信託銀行株式会社
普通株式 発行可能株式総数  5,321,974,000株(平成26年3月31日現在)
発行済株式総数    1,596,282,800株(平成26年3月31日現在)
株主数 12,784名(平成26年3月31日現在)
上場証券取引所 東京証券取引所(市場第一部)
株主名簿管理人 三菱UFJ信託銀行株式会社
株主総会 6月
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
アコム株式会社の親会社の概要
商号 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
主な事業内容 傘下子会社およびグループの経営管理、ならびにそれに付帯する業務
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
設立 平成13年(2001年)4月2日
資本金 2兆1,404億円(平成26年3月31日現在)
URL http://www.mufg.jp/

 

アコム審査記事はこちら